クレーマー・ポルシェ 935K4 キャップが入荷。

Dec 17,2018

ポルシェチューナーとして世界的に有名なクレーマーレーシングのポルシェキャップが入荷。今回入荷したキャップはタイトルのとおりですが、わかりやすく言うと、1981年のDRM(ドイツレーシングカー選手権)に出場したクレーマー・ポルシェ935K4のチャンピオンキャップです。キャップのカラーは、ブラックとメインスポンサー、イエガーマイスターのシンボルカラーであるオレンジのツートン。キャップ左サイドに刺繍されたドイツ語は直訳すると「ボブ・ウォレクによる2度の勝利と4度の2位」。これは、1981年のDRMで935K4が残した戦績(第8戦のニュルブルクリンクと賞典外レースのノリスリングで2勝、第9,11,12,13戦で2位表彰台獲得)を意味しており、右サイドには、当時のゼッケン「52」のワッペンが刺繍。キャップのセンター部分には、ポルシェ・クレーマーのロゴと、ポルシェ935K4のボディラインをイメージした3本ラインが刺繍されています。当時、ドイツのアウトバーンで風洞実験を行っていたという説もあるので、それをイメージした流線型なのかもしれません。

クレーマーが得意としていたポルシェ935シリーズの最終形、935K4の生産台数はわずか2台と大変希少なマシン。1981年にDRMチャンピオンを獲得したマシンはその後、活躍の場をアメリカに舞台を移し、引退後は一時期ニコラス・ケイジが所有していた個体でもあるそうです。いろんな意味で、この935K4が残したものは非常に大きかったことを意味するアイテムでございます。ご購入はオンラインショップ、またはPOLE POSITION by Motorimoda の西武渋谷店、モトーリモーダ各店へお問い合わせください。

クレーマーポルシェ935K4 キャップ

WR-Kre_R-BK-01-03

WR-Kre_R-BK-01-04

WR-Kre_R-BK-01-05

WR-Kre_R-BK-01-02

1981年のDRM(ドイツレーシングカー選手権)は、クレーマーレーシングの52号車のポルシェ935をドライブするボブ・ウォレクと、ヴィンケルホック(兄)がドライブする、同クラスのフォードカプリⅢターボの戦いでした。毎戦ごとに戦闘力を増してくるフォードカプリに対抗すべく、935K3に代わって第6戦から投入されたのが935K4でした。ラスト4戦をフォードに勝利を奪われるも、ウォレクは手堅くポイントを積み重ね、最終的にシーズン5ポイント差で同クラスのチャンピオンに輝きました。また、翌82年からグループCへ以降となり、グループ5はこの年限りで消滅。ウォレクは、935シリーズで奮闘したクレーマー・ポルシェの有終の美を飾ることに成功しました。
価格:5,500円(税抜)

・カラー:ブラック/オレンジ ・素材:コットン100%

西武渋谷店舗案内

POLE POSITION by Motorimoda / Collezione Automobili Lamborghini Tokyo

東京都渋谷区宇田川町21-1 「西武渋谷店」B館6階紳士服売場
03-3462-3651

Motorimoda店舗案内

銀座店

東京都中央区銀座8-16-6-1F
03-6226-2515
※ 2017年9月に移転しました。詳細はコチラをご覧ください。

神戸店

兵庫県神戸市灘区鹿ノ下通 2-4-20
078-871-8567

名古屋店

愛知県名古屋市天白区古川町86-1F
052-891-7700

LUCE店

東京都調布市柴崎 1-53-2
042-443-8567

Bolero店舗案内

ボレロ富山

富山県射水市小島3791-1
0766-52-5578

ボレロ福岡

福岡県筑紫野市原田 6-5-10
092-926-8862

条件を絞り込んで検索