BREMA

ブレマ

〔 Philosophy 〕

BREMAは常にスポーツからインスピレーションを受けてきました。それは本物に基づいた製品であり、なおかつオートバイに由来したものです。

ラリーやエンデューロレースで優勝するライダーがBREMAのテクニカルウェアを着ると共に、日常のライフスタイルのコーディネイトにも取り入れる事もできるという、アイデンティティを持つプレミアムブランドとして、世界中で高く評価されているのです。

BREMAはアクティブスポーツとスポーツウェアとの完璧な融合を果たし、機能的で実用的な上に他にはないエッセンシャルラインを備え、性別、性格、スタイルに左右されず、バイクに乗る世界を決して否定することのない、その日、その時、すべての瞬間に最適であり、いつでも着られるようにデザインされた特別なブランドなのです。


〔 Company Profile 〕

ブレマ
BREMA

BREMAのブランド名は、1969年にBruno Gioliによってイタリアに設立された会社「Bresciana Manifatture」の頭字語に由来します。
モーターサイクルへの強い情熱から、そのあらゆるニーズに応えられる製品を開発しようと、革やオイルドコットンなど「伝統的な」素材の一部を組み合わせる手法や、コットン×ナイロンの素材を使用して高耐久性と通気性を両立させるなど、当時としては非常に革新的なアイデアを導入し、現代にも通じるスタイルを確立した最初の会社となりました。

BREMAの「イノベーション」は、プロテクションの分野において、今では当たり前のような技術ですが、着脱可能なプロテクションをズボンの外側に装着してウェアラビリティを向上させ、さらにズボンとジャケットにゴムバンドを追加しこれまでにない自由な動きを手に入れました。

また、カラーにおいても、当時のバイクウェアがほとんど黒だったのに対し、BREMAは、赤、青、黄色、ターコイズなど、カラフルなバイクウェアをリリースしてきました。

その際立ったデザインの多様性から多くのユーザーがライディング以外の目的でもBREMAを着用するようになりました。同社にはそのようなマーケットの「需要」を予測する先見の明があったと言えます。

また当時のオーナーは、当初からスポンサーシップの重要性を理解しており、今日で言うエンデューロとスピードトライアルライダーへ 「Regularity」でのBREMAの常時着用を依頼しました。その直後、性能と品質のおかげでBREMAはほぼ市場を独占し、70年代半ばにはSWM、KTM、Zundappなどのほぼすべての公式チームに加え、1979年の世界チャンピオン、アメリカの"Bernie Schreiber"から、マルチタイトルを獲得した"Fulvio Adamoli"まで、トライアルの世界で最高のライダーが皆BREMAを着用していました。

コレクション全体を「オフロード」の世界に集中することにより、BREMAを着用したライダーがイタリアからヨーロッパ、世界中のタイトルをわずか数年で制覇し、独創的にブランドロゴがあしらわれたBREMAアパレルが、15年間に渡ってシーンを支配しました。

Products

2001年の終わりには、最初のスポーツウェア/ライフスタイルコレクションが作成されます。これは、このブランドがバイクアパレルやアクセサリーショップだけの販売から卒業し、スポーツウェア市場へ飛込む事を意味します。

それから製品の品質とブランドコミュニケーション、 マ ーケティング活動への投資に対し継続的な調査を行い、同じように、BREMAが強力なアイデンティティとストーリーを備えた「本物」のブランドであると認められ、2003年から2010年にかけブランドは飛躍的に成長しました。

実際、イタリアのファッションレーベルでは、最高級のお店のウィンドディスプレイにBREMAの商品が、他のコレクションと並んでいるのを目にすることができます。

312x312
312x312
312x312
条件を絞り込んで検索